非号令主義~歩兵の国からこんにちは♪

こんな号令が使えない体に誰がした!(しるかw

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーデスのススメ

すみませんオススメしません^^;

こんちゃ。YOSです。

さて、今回はハーデスの立ち回りについて書いていこうと思います。

まずは特徴から…

設定4と6以外はとにかく荒いです。低設定域とかはアッサリ天井まで連れて逝かれます

しかし、上位確定役を引いた時の爆発力は純増の高さも相まってなかなかのものがありますねー

では、自分が考える立ち回りの指針的なものをいくつか…


1・「チャンスゾーンはあるけど、あまりチャンスは無い」

ハーデスには自力解除のヘルゾーンがありますが、それに突入しやすくなるヘルゾーン高確なるものがあります。いわゆる裏モードですね。
で、ハマリG数が400と800の時にそれぞれ、
400はほぼ裏A、800は裏B以上に振り分けられます。

ですが、問題なのは400の裏Aなんです。ヘルゾーン突入率約45%、解除率25%、「約85%が単発終了」

裏Aの場合、ヘルゾーンに当選してしまうと、裏モードがほぼ終了してしまうので、青ヘルなんぞ引いた日には期待値もなにも出ないんです。

よく、チャンスゾーン狙いで250ぐらいから400のゾーンまで、打ってヤメ。ってしてる人を見ますが、そんなんじゃ勝てません!

だって約1/8のヒット率で期待値700枚、かつ、ほぼ単発の台を打つのですから、期待値出るのは380G~って感じになるんですよねー^^;;

当然。そんな台は落ちてる訳も無く…
よって、自分の考えでは「チャンスゾーンは狙うけど当たるまで打つ」
が正解です。


2・「現金投資はキケン」

自分のような夜実戦短時間勝負だと、どうしてもベースが低くなりがちなのと、投資が大きくなって戻した時に換金レート差がでるので、完全等価でプレイできる貯メダルの方がオススメです。

例えば

月の総投資額で見た時に(20日稼働として)

ジャグラーなら30万
サラリーマン番長なら50万
ハーデスなら80万

とかなので、出玉率が3機種とも100%でトントンだった場合、換金差によりハーデスが一番負けるシステムになるんですよねー

ちょっと前の完全等価の時代だったら関係無かったんですが、今は換金率や貸しメダル数が変わっているので、その分でより投資額の大きいハーデスが不利なんです。
ちなみに自分のホームは47枚貸し5・3枚交換なので…

月ベースで見ると40K以上の差が出ます。年間だと約50万なので相当ですね。

なので、特に貯メダル活用をオススメします。



3・「設定推測こそハーデスの醍醐味」

ハーデスには設定推測する要素がかなり多く存在するので、その辺を見ながらプレイするのが楽しいです。

通常時には奇数or偶数

GG時には設定の高低

を見ていきます。


まず、通常時では奇数挙動か偶数挙動なのか判別していきますが、ここでは低確、通常、天国準備、のモード滞在率から判別していきます。

基本的には、奇数挙動では

「通常モード滞在率が短い」

偶数挙動では

「通常モード滞在率が長い」

といった特徴があるので、出目とパイン率(奇数テンパイ率)からいかに滞在モードを見抜けるかが鍵になってきます。

通常モードで出やすい出目は

偶数頭の奇数ケツテンパイ

455、211、633など

偶数順目

678(一番出やすいし気付きやすい)、456、8V1など

があり、どちらも通常モード滞在濃厚目となっています。

これらの出目は天国準備モードでも同様に出現するのですが、天国準備モードになると通常モードに比べてパイン率(レア役後のフェイク除く)がかなり高くなるのでその辺で判別します。

あと、低確率モードだと更にパイン率がぐっと下がりますし、氷前兆→奇数テンパイせず。とかも頻出するので、そこも目安ですねー

では、モード移行のサンプル的なものを書いてみます。

奇数挙動

低確、低確、→通常、→低確、低確

低確、低確、→通常→天国準備→天国

低確→天国準備→天国

低確→天国

あくまで、サンプルなので必ずしもこんな感じにはなりませんが、基本的に低確モード滞在が長く、スルスルっと天国モードまで上がる感じです。
あと、設定1は一番上の低確→ちょっとだけ通常→低確といった挙動が大半を占めるので、こんな感じの挙動を示したら他の判別材料がよほど良くない限りは見切る方向で考えた方がよいですね。
それに比べると設定5は比較的通常モード滞在が長めなのと、直天国、天国B移行の(ロング継続しやすい)傾向がありますが、これは過信が禁物で、そのホールが設定5を使う事があるかどうかの方が重要です。ちなみに、うちのホームは普段の最高設定で5を使い、出す日には6と5を使います。


偶数挙動

低確→通常、通常、→低確→通常
低確→通常、通常、→天国準備→通常

通常、→天国準備→通常→天国準備→天国


と、大体こんな感じですね。基本的に通常モードと天国準備のループが多くなります。

これに、設定2は低確率モード滞在が長め、設定4は通常→天国準備ループが長め、設定6も設定4 と似たような挙動ですが、通常モードでの解除率が飛び抜けて高いので、しばらく打ってると気付きます^^;

設定6挙動としては…通常モードでチャンスボタン→レア役揃わず(非前兆中)
とか、ハーデスの槍演出→下段共通黄7
とか、レア役無しから液晶騒がしくなって普通に当たる

とかが結構多いので、特にチャンスボタン経由のパターンで当たったらその後しばらくは様子を見た方が良いですよー


次にGG中のモードで設定の高低を探っていきます。

まず、一番重要な要素として、天国スタート率があります。

GGスタート時にハーデスステージだと天国モードが確定するので、アツいポイントになります。

天国スタート率は設定1、2では5%3、4、6で15%、5で20%と低設定と中間以上では3倍以上の差があるので、少ない回数でも天国スタートがあれば低設定の可能性が低くなります。

さらに、高設定では通常スタートもあり、5、6になると半分以上が通常以上スタートになります。

ただ、通常モードの場合はステージでの特定は不可能なので、弱レア役でのフェイク前兆率とか、上段黄7時に出る出目などから判別することになりますが、通常モードかなーぐらいの感覚でもとりあえずの仮サンプルとしてはオッケーです。

後は、スタート時以外のモード移行率に注目です。

基本的に奇数設定では低確率滞在が長く、天国モードに上がりやすいです。

偶数設定の場合は通常モードまでは上がりやすく、なかなか天国には行きづらいといった挙動を示します。

で、このGG中のモード移行率はかなり設定色が出るので、ゴッド揃いや大型上乗せの場合、そこそこの精度で、設定の高低を見極める事が可能です。

また、ガッツリ出る時のパターンが奇数設定だと、天国での爆乗せ→普段全く仕事をしない中段リプレイが50%で上乗せ、しかも上乗せ性能が一番高い(三桁もそこそこ出る)
でゲーム数上乗せなのに対し、

偶数設定では通常モード滞在率の高さから弱レア役でのジャッチメント当選と、それのループストックによる上乗せがメインになってきます。

ただ、奇数設定でも、設定1は低確率とちょっぴり通常を繰り返し全くと言ってよいほど天国に上がりません^^;

1000Gのロング継続でも天国に一回も行かないとかザラにあるので、GG中のモード移行率は超重要で、その後の押し引きに影響を及ぼします。

なので、個人的にはオイシイとされる天井狙いも上乗せ性能の低さにより、低設定丸出しの台の場合よほどベースが高くない限りは積極的には狙いませんねー

自分の天井狙いの最低ボーダーは残り時間2時間以上、850G以上ハマりとしています。

フルウェイトの場合天井到達の爆乗せでも2500枚以上の回収が出来るのと、途中でゴッド揃いをしてもゴッド揃いのアベレージ分は回収出来るのでここら辺がボーダーと考えていて大丈夫かと…


と、まぁこんな感じの所と、強い要素

黄7三連での当選
GG中のジャッジメント当選無しでのループストック
通常モードでの謎当たり
下段共通黄7(液晶上で偶数ゾロ目)での裏モード移行率(設定5のみ超優遇)
また、裏モード移行時のA、B比率
とかで更に設定判別精度を高めて行く感じですねー


とりあえず、ハーデスはメッチャ金使うけどメッチャおもろいので、貯メダルなどに余裕がある場合は試してみてはどうでしょう?


ではノ


スポンサーサイト
| TOP |

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。