非号令主義~歩兵の国からこんにちは♪

こんな号令が使えない体に誰がした!(しるかw

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新台情報とか

こんちゃ。YOSです。

さて、今回は最近導入された新台について書いていこうと思います。

まずは、古い所から。サラリーマン金太郎

うちのホームには導入されなかったので、ちょっとしか触ってないですが、感じとしては鉄拳に近い印象ですねー

AT中にボーナスを引いて伸ばして行く感じの台です。
モードが高いとそこそこボーナスが付いてくるのでサクッと増えますが、モードが低いと全然ボーナスを引けないので普通に駆け抜けます。
その点では駆け抜け時にも特典があり、とりあえずは2、3回のボーナスを引きやすい鉄拳の方が良心的と言えますねー

ゲーム性では、爆裂契機から3000枚以上を狙える鉄拳と、モードさえ良ければ1000~2000枚をポコポコ引ける金太郎といった感じでしょうか。

AT初当たりに関しては中間設定ぐらいでも結構重い印象があるので、普通に天井まで連れていかれる事が多いかと…

自分なら同じ機械割なら迷わず鉄拳ですね。

評価2点(5点満点)


次はアラジンです。

もう打ったことがある人は分かると思いますが、なかなかのクソ台です。

個人的に凄く期待していたのでかなり残念です(><

出方としては、AT中に強レア役を引いて、アラジンボーナスを当て、SACの基本ゲーム数を高いラインからスタート→早めにMAX到達→ロング継続させて継続中の上乗せをガンガン決める→大量ゲーム数獲得からのアラジンボーナス待ちの台です。

ATも高設定ならそこそこ連チャンし、アラジンボーナスもそれなりに出現しますが…


低設定のキツさはハーデスやビンゴ、サラ番長が可愛く思えるほどキツイ上に夢すら見させてくれない仕様なので、低設定のスランプグラフは物凄い事になってます。
あと、天井が深いのも厳しいさを増してますね。おそらく1400Gです。
天井恩恵はアラジンボーナスからスタートなので、ロング継続のSACとATのチャンスがありますが… 深すぎるだろうよ…と

あとは、不満な点として煽りがメッチャ長い点です。


通常時に弱チェリーを引く→チェリー連モード突入かも?→弱チェリー引く→モード上がる→弱チェリー連→やっと単チェリー

→連続演出

→当たりでチャンスゾーン突入

→解除せず…

モード移行(高モード)→低モード
→弱チェリー引く

→スタートに戻るwwww


という流れが続きやすいのでヤメ時をつかみづらいし、ダラダラと打つと投資が酷いことになります
投資がかさんだ上にやっと引いても単発→チャンスゾーン突入→おっ、連チャンするかも→ラクダ演出が出なくなる→手元50枚…→全飲まれ

弱チェリー引く→スタートに戻るwww


と、設定5、6以外はこんな感じなので、あきらかな高設定狙い(挙動確認済みであること)か天井狙いするほか無いですねー

ただ、ツボにハマった時の爆発力は5000枚以上のものがあるので、自力解除系の得意な方はワンチャン狙ってみるのも良いかも…

まぁ、自分は金使うならハーデスに突っ込みますけどw


評価1点



最後はニューパルサーDX

完全告知に生まれ変わったニューパルですが、個人的には超オススメです。

ボーナスの波がメッチャ荒く、ダラダラと中ハマリを繰り返していたと思ったら怒涛の二桁連チャンをしたりします。

この前は閉店前に2時間掛からないぐらいの間にボーナス20回引きました^^

約700Gで20回なので合算1/35で引き続けたとか…

ちょっとしたBモノやん!!

あと、特徴としては、合算確率とレギュラー確率で見た時に、ジャグラーに比べて素直に出てくれるので合算が多少悪くてもレギュラー確率がついてれば出てくれる確率が非常に高いです。

例えば合算が中間でレギュラーが6だった場合

ジャグラーなら4割が当たり台

バルサーなら7割が当たり台

ぐらいの感覚です!!


それと、もうひとつコイン持ちが物凄く良いです。

発表値では37Gとなってますが、メッチャ回ります。一度クレジットで80G回った事もあるし、小役連に入るとなかなか減らない感じになりますよー

ボーナス確率と機械割の関係を見ると沖スロのように設定によって違いが大きいタイプなのかもしれません。

総合評価として、コイン持ちの良さ、合算とレギュラー確率に素直な事、意味不明な連チャンをしてくれる事。とAタイプとして見た時に文句無しの出来なので…


評価5点とします。

あ、完全告知ですが、違和感演出(ビッグ確定?)もあったり、チャンス目(当たったり当たらなかったりする出目)があったり、元祖ゲチェナ2確目や美麗リーチ目も豊富なので結構楽しめます。


次に花火が出ますが、出来次第ではずっとこっちを打つかもしれません。


最後にちょっと早い今月収支

ハーデス…+3000枚
サラリーマン番長…+5000枚
バジ絆、アラジン…-3000枚
ニューパルDX…+4000枚

やりました!!ハーデス捲りました!!(-7000枚から)

前半は全然GOD引けなかったんですが、後半は普通に引けてます。まぁ、先日に夜実践なのにGOD4回とか全然取りきれない展開もありましたが…まるまるGOD1回分取りきれず^^;

ただし、相変わらず冥王は引けない模様^^

通算12万Gぐらいで

GOD…19回
冥王…1回

あのー、冥王って1/22000なんですけどー

とりあえず個人的な月間目標(差枚で+6000枚)は達成出来そうなので一安心です^^

とりま、こんな感じでノ

追記

ニューパルサーDXの解析出てましたね^^;

やはり、予想した通りに設定差によるコイン持ちが大分違う仕様でした。
あと、中押しも楽しめるみたいですねー

スポンサーサイト

ハーデスのススメ

すみませんオススメしません^^;

こんちゃ。YOSです。

さて、今回はハーデスの立ち回りについて書いていこうと思います。

まずは特徴から…

設定4と6以外はとにかく荒いです。低設定域とかはアッサリ天井まで連れて逝かれます

しかし、上位確定役を引いた時の爆発力は純増の高さも相まってなかなかのものがありますねー

では、自分が考える立ち回りの指針的なものをいくつか…


1・「チャンスゾーンはあるけど、あまりチャンスは無い」

ハーデスには自力解除のヘルゾーンがありますが、それに突入しやすくなるヘルゾーン高確なるものがあります。いわゆる裏モードですね。
で、ハマリG数が400と800の時にそれぞれ、
400はほぼ裏A、800は裏B以上に振り分けられます。

ですが、問題なのは400の裏Aなんです。ヘルゾーン突入率約45%、解除率25%、「約85%が単発終了」

裏Aの場合、ヘルゾーンに当選してしまうと、裏モードがほぼ終了してしまうので、青ヘルなんぞ引いた日には期待値もなにも出ないんです。

よく、チャンスゾーン狙いで250ぐらいから400のゾーンまで、打ってヤメ。ってしてる人を見ますが、そんなんじゃ勝てません!

だって約1/8のヒット率で期待値700枚、かつ、ほぼ単発の台を打つのですから、期待値出るのは380G~って感じになるんですよねー^^;;

当然。そんな台は落ちてる訳も無く…
よって、自分の考えでは「チャンスゾーンは狙うけど当たるまで打つ」
が正解です。


2・「現金投資はキケン」

自分のような夜実戦短時間勝負だと、どうしてもベースが低くなりがちなのと、投資が大きくなって戻した時に換金レート差がでるので、完全等価でプレイできる貯メダルの方がオススメです。

例えば

月の総投資額で見た時に(20日稼働として)

ジャグラーなら30万
サラリーマン番長なら50万
ハーデスなら80万

とかなので、出玉率が3機種とも100%でトントンだった場合、換金差によりハーデスが一番負けるシステムになるんですよねー

ちょっと前の完全等価の時代だったら関係無かったんですが、今は換金率や貸しメダル数が変わっているので、その分でより投資額の大きいハーデスが不利なんです。
ちなみに自分のホームは47枚貸し5・3枚交換なので…

月ベースで見ると40K以上の差が出ます。年間だと約50万なので相当ですね。

なので、特に貯メダル活用をオススメします。



3・「設定推測こそハーデスの醍醐味」

ハーデスには設定推測する要素がかなり多く存在するので、その辺を見ながらプレイするのが楽しいです。

通常時には奇数or偶数

GG時には設定の高低

を見ていきます。


まず、通常時では奇数挙動か偶数挙動なのか判別していきますが、ここでは低確、通常、天国準備、のモード滞在率から判別していきます。

基本的には、奇数挙動では

「通常モード滞在率が短い」

偶数挙動では

「通常モード滞在率が長い」

といった特徴があるので、出目とパイン率(奇数テンパイ率)からいかに滞在モードを見抜けるかが鍵になってきます。

通常モードで出やすい出目は

偶数頭の奇数ケツテンパイ

455、211、633など

偶数順目

678(一番出やすいし気付きやすい)、456、8V1など

があり、どちらも通常モード滞在濃厚目となっています。

これらの出目は天国準備モードでも同様に出現するのですが、天国準備モードになると通常モードに比べてパイン率(レア役後のフェイク除く)がかなり高くなるのでその辺で判別します。

あと、低確率モードだと更にパイン率がぐっと下がりますし、氷前兆→奇数テンパイせず。とかも頻出するので、そこも目安ですねー

では、モード移行のサンプル的なものを書いてみます。

奇数挙動

低確、低確、→通常、→低確、低確

低確、低確、→通常→天国準備→天国

低確→天国準備→天国

低確→天国

あくまで、サンプルなので必ずしもこんな感じにはなりませんが、基本的に低確モード滞在が長く、スルスルっと天国モードまで上がる感じです。
あと、設定1は一番上の低確→ちょっとだけ通常→低確といった挙動が大半を占めるので、こんな感じの挙動を示したら他の判別材料がよほど良くない限りは見切る方向で考えた方がよいですね。
それに比べると設定5は比較的通常モード滞在が長めなのと、直天国、天国B移行の(ロング継続しやすい)傾向がありますが、これは過信が禁物で、そのホールが設定5を使う事があるかどうかの方が重要です。ちなみに、うちのホームは普段の最高設定で5を使い、出す日には6と5を使います。


偶数挙動

低確→通常、通常、→低確→通常
低確→通常、通常、→天国準備→通常

通常、→天国準備→通常→天国準備→天国


と、大体こんな感じですね。基本的に通常モードと天国準備のループが多くなります。

これに、設定2は低確率モード滞在が長め、設定4は通常→天国準備ループが長め、設定6も設定4 と似たような挙動ですが、通常モードでの解除率が飛び抜けて高いので、しばらく打ってると気付きます^^;

設定6挙動としては…通常モードでチャンスボタン→レア役揃わず(非前兆中)
とか、ハーデスの槍演出→下段共通黄7
とか、レア役無しから液晶騒がしくなって普通に当たる

とかが結構多いので、特にチャンスボタン経由のパターンで当たったらその後しばらくは様子を見た方が良いですよー


次にGG中のモードで設定の高低を探っていきます。

まず、一番重要な要素として、天国スタート率があります。

GGスタート時にハーデスステージだと天国モードが確定するので、アツいポイントになります。

天国スタート率は設定1、2では5%3、4、6で15%、5で20%と低設定と中間以上では3倍以上の差があるので、少ない回数でも天国スタートがあれば低設定の可能性が低くなります。

さらに、高設定では通常スタートもあり、5、6になると半分以上が通常以上スタートになります。

ただ、通常モードの場合はステージでの特定は不可能なので、弱レア役でのフェイク前兆率とか、上段黄7時に出る出目などから判別することになりますが、通常モードかなーぐらいの感覚でもとりあえずの仮サンプルとしてはオッケーです。

後は、スタート時以外のモード移行率に注目です。

基本的に奇数設定では低確率滞在が長く、天国モードに上がりやすいです。

偶数設定の場合は通常モードまでは上がりやすく、なかなか天国には行きづらいといった挙動を示します。

で、このGG中のモード移行率はかなり設定色が出るので、ゴッド揃いや大型上乗せの場合、そこそこの精度で、設定の高低を見極める事が可能です。

また、ガッツリ出る時のパターンが奇数設定だと、天国での爆乗せ→普段全く仕事をしない中段リプレイが50%で上乗せ、しかも上乗せ性能が一番高い(三桁もそこそこ出る)
でゲーム数上乗せなのに対し、

偶数設定では通常モード滞在率の高さから弱レア役でのジャッチメント当選と、それのループストックによる上乗せがメインになってきます。

ただ、奇数設定でも、設定1は低確率とちょっぴり通常を繰り返し全くと言ってよいほど天国に上がりません^^;

1000Gのロング継続でも天国に一回も行かないとかザラにあるので、GG中のモード移行率は超重要で、その後の押し引きに影響を及ぼします。

なので、個人的にはオイシイとされる天井狙いも上乗せ性能の低さにより、低設定丸出しの台の場合よほどベースが高くない限りは積極的には狙いませんねー

自分の天井狙いの最低ボーダーは残り時間2時間以上、850G以上ハマりとしています。

フルウェイトの場合天井到達の爆乗せでも2500枚以上の回収が出来るのと、途中でゴッド揃いをしてもゴッド揃いのアベレージ分は回収出来るのでここら辺がボーダーと考えていて大丈夫かと…


と、まぁこんな感じの所と、強い要素

黄7三連での当選
GG中のジャッジメント当選無しでのループストック
通常モードでの謎当たり
下段共通黄7(液晶上で偶数ゾロ目)での裏モード移行率(設定5のみ超優遇)
また、裏モード移行時のA、B比率
とかで更に設定判別精度を高めて行く感じですねー


とりあえず、ハーデスはメッチャ金使うけどメッチャおもろいので、貯メダルなどに余裕がある場合は試してみてはどうでしょう?


ではノ


みんジャグのススメ

こんちゃ。YOSです。

今回はみんジャグについてでも書こうと思います。

ジャグラーシリーズの中ではみんジャグはかなり異質な機種なんですけど、知ってました?

これって、リール制御的に中押し仕様に作られていて、出目のバランスとDDTの両立がなされているんですよねー

さて、中押し解説はとりあえず置いておいて、機種の特徴からいきますね


1、ビック確率がシリーズ中で一番高い

2、ピエロが重複小役になっている

3、中押しDDTが可能


この3点ですね。

ビック確率が高いのは閉店前にビックを1、2回当ててサッと流したい時に役に立ちますよ。
まぁ、ジャグラーメインにしてない人にとっては、閉店近くに合算高い台を狙って打ってる人がほとんどなんじゃないかなー。って感じなので、憶えておくと良いかもしれませんよ。


次はピエロでのボーナス重複ですね。ジャグラーシリーズはチェリー重複と単独ボーナスが基本となっているんですが、みんジャグはピエロでの重複が50%もあるので激アツフラグになってます。
ペカるタイミングも払い出し終わった瞬間なので、今までのジャグラーシリーズには無い新鮮さを味わえますね^^

最後は中押しDDTなんですが、他のジャグラーだと順押し消化時の目押しのシビアさ、時間効率の悪さがあるので、全フラグ取れるみんジャグは時間効率、目押し難度、「出目によるアツくなれる度」も優秀で機械割もフル攻略で約0・8%ほど上げてくれます。


では、本題の中押し手順を書いていきますね。

狙う絵柄は「枠上か上段に7」を狙います。2コマ目押しですが、多少アバウトでもこぼす可能性があるのはピエロぐらいなのでやや早めに7を狙うぐらいの感覚で大丈夫ですかねー

次は停止形と成立フラグについてです


「下段に7」

出目はブドウ、リプレイ、7、

基本停止形で約95%がこの出目になります。
次に右リールを狙いますが、適当打ちでオッケーです。

右の停止形で成立フラグが分かります。

1、中段リプレイテンパイ

リプレイかハズレ
左は適当でオッケーです


2、上段ブドウテンパイ

ほぼブドウ
スベリ無しなら、ごくまれーに光る事があります。
ただし、下段7テンパイに限ってはスベリアリでもペカる可能性があります。しかも、ビック確定!

3、右リール中段にピエロかブドウ

いわゆるズレ目
単独ボーナス確定です!
出現時の絶妙な違和感がたまりませんねー^^


4、右下段にバー

ボーナス確定ですが、レギュラー確率目
嬉しくもあり悲しくもある出目ですね



「中段7」

チェリーかチェリー重複目

みんジャグはチェリー重複確率が1/20以上あるのでチョイアツ目となります
で、右リールですが、7を狙います

1、右上段にバー

重複無しチェリー。残念目


2、右上段に7

チェリー重複確定もほぼレギュラー確定目。


3、右リール中段に7

ビックorレギュラー目。確率も半々ぐらいですかねー


4、右リール下段に7

ズルッと滑っての下段7は歓喜のビック確定目!!
このスベリ感がたまりませんねー。みんジャグでの最高のドヤ目でもあります。
チェリー重複か中段チェリーです。

さて、基本2確になるチェリーですが、直接ボーナスを揃えるよりチェリーを引いてからボーナスを揃えた方が1枚お得です。



「上段に7」

ボーナスorベル

ベル確率が約1/1000なので激アツ目

と思いきや、上段に7は単独ボーナス成立時のレア制御となるので実戦上では50%ぐらいでベルが揃います^^;
で、この場合は右リールに7を枠上ぐらいに狙います。


1、7が滑ってベルテンパイ

残念。ベル確定目です。
でも、まぁ、14枚取れるのは大きいので、キッチリ狙っていきましょう。
左リールは7の下にあるベルを狙います(どちらの7でもオッケー


2、上段にバー

レギュラー確定目


3、上段に7

ビック確定目


中押し上段7は右押した時点で全てが決まってしまうシンプルかつアツい目となっています。


「枠下7」

枠下まで7が滑ってきた場合はピエロ、ピエロ重複、単独ボーナスとなっている、みんジャグでの最高の激アツ目になります!ボーナス期待度75%以上

出目も、リールに7が無いので一瞬目押しミスった?ってなる違和感目になってます。

右リールは「7を避けて」狙えば適当でオッケーです。
左リールは7上のピエロを狙います。

1、右ピエロ非テンパイ

単独ボーナス確定目。超レア制御なので滅多に出ません。

2、上段ピエロテンパイ

ピエロorピエロ重複目。左をネジってペカりに期待しましょう。



と、中押し手順はこんな感じになってます。
目押しが必要なのは、チェリー、ベル、ピエロの時だけですし、中リールでフラグが判別できるのもあって、時間効率も良いのと、ベル、ピエロといった払い出しの大きいレア小役を確実に取って機械割を上げれるのがポイント高いです。

みんジャグ中押しはドM仕様のジャグラーシリーズの中で唯一攻めてる感を出せる楽しみ方なので、ジャグラーがあまり好きじゃない方も楽しめると思います。

個人的には4号機のハナビに近いかなーと。

ズレ目→ハサミ2確目
中段7→第1消灯
上段7→遅れ
枠下7→斜め氷テンパイ

出現率や期待度も名機と呼ばれた機種と近いものがあるので、かなり完成度が高いかと…

興味があれば一度お試しあれー

ではノ


神々の遊び

こんちゃ。YOSです。

えーと、今回は稼働報告になります。

なんと、

年末からメイン機種をハーデスに変えたんです!!


ハーデスと言えば、現行機種でもトップクラスの波の荒さで、ハイリスクハイリターンの代名詞とも言えるゴッドシリーズの最新版ですね。

毎日ハーデス座るなんて正気の沙汰じゃないと思ってる方も多いでしょうけど、まぁ、なんとかプラス域にはもっていけてます。

ちな、稼働の9割以上がハーデスです。

安定して勝てる割合で言えば、断然サラリーマン番長に軍配が上がりますが

「人間設定高くないと出てくれません」

爆裂契機が2/64000(超番長)、ビック中かAT中の最強チェリー、スラッシュロング継続、絶頂ラッシュでのアベレージ越えの上乗せ、超薄い所引いての200、300G乗せ…

と、どれを取っても薄い所なのと引きとタイミングに大きく左右されやすいので、せっかく設定6掴んでもストレスが溜まる展開が多いんですよね^^;

先月は人間設定5ぐらいだったので、弱チェリーと弁当で300G乗せたり、特化ゾーン無しの上乗せのみで550Gまで貯めたり、超番長300G乗せとか、絶頂の引きが良かったり。
と、なにかとヒキが良かったんでかなり勝てたんですが…


最近は、仕事の関係で稼働時間あまり取れないので、短時間で勝負できて即ヤメできる台とか探してたんですよねー

鉄拳は設定入ってないし、ジャグラーは、みんジャグしか打たないので選択肢少ないし…

年末で設定状況悪そうだから、設定不問なハーデスでも触ってみようかなーってのがきっかけです。

まぁ、うちら4号機のゴッド知ってる世代だと、大好きか全く触らないかの完全二沢になるパターンが多いんですよねー

俺は全く触らないタイプの人間で、当時はアラジンを打ちまくってました。

なので、ゴッドシリーズにはかなりの抵抗があったのですが、スロ雑見てて…

「えっ!?1Kで28Gも回るんだけど!!」

ってのもあって、遂に神と戯れる事に


初打ちで

全回転フリーズ!


3


100G終了



うーん、この…

っていうショボい結果だったんですが、打ち込むうちにだんだん面白さが分かってきましたねー

一応、ほとんどのデータは記憶したので、実践と合わせて身につけていってる感じです。

まぁ、ゴッドシリーズは他の機種に比べて憶えなきゃいけないデータが多いので、その辺のハードルをクリア出来ればめちゃくちゃ面白い台ですね。

通常時は出目と演出でモード判別とモード移行率、滞在率、共通一枚と押し順黄7でのヘルゾーン移行率、低確率時リプレイと押し順黄色7の闇のカーテン発生率

など、当たりが来なくても判別出来る要素が豊富なので打っていて飽きないんですよねー


結局、何が一番面白いポイントかと言えば。

何かしらの確定役の合算確率が約1/3000って所なんです!! ゴッド、冥王、紫7、全フリーズゴッド(右下がり黄7)

って、ちょっとした強レア役並みに出ます。

サラリーマン番長で頑張って1/11000引くより現実的だと思いませんか?(強弁当、強ベル、最強チェリー)

実際かなり引けてるので…

約5万Gで

ゴッド7回

全フリーズゴッド…4回
全フリーズ冥王…1回
全フリーズ紫7…3回

冥王…0回
紫7いっぱい


全フリーズ引き過ぎなのと、冥王引けなすぎなのを考えても、まぁ、確率をちょっと上回るぐらいですかね。

と、人間設定高くなくてもそこそこやれる機種なので、サラ番よりも収支は安定します。

ただし、2日で6000枚とか逝かれちゃう事もあるので、設定読みとヤメ時をもっとシビアにしていかなければなーって感じです。

1月の収支は

ハーデス…+14000枚
その他…-2500枚

でしたー^^

2月は確定役が全く引けなくてかなり苦戦を強いられてますが、サブで始めたバジリスク絆がそこそこやれる感じなので、ちょっと助かってます。

2月ここまで

ハーデス…-7000枚
その他…+2000枚

なんとか、普通の引きを取り戻してプラス域にはもっていきたい所ですねー

とりま、こんな感じでノ


| TOP |

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。